ストライクエニイホエア -Side B-
素足 
2010.10.10 Sun 08:59

mino22100628.jpg


ちょっと寒さを覚える朝6時。

動き出した街は金木犀の香りで、

なんだかシャワーを浴びたてのスッピンのような爽やかさ。

大きく腕を振りながらウォーキングをする老夫婦は

シャリシャリとジャージの音を響かせながら僕の前を通り過ぎる。

その後ろからは右目の上を青紫に腫らしながらボクサー選手が走ってくる。

試合は勝てたのかな。負けちゃったのかな。

大きなカラスが低空をバサバサを羽を鳴らしながら飛び、そして朝の空の下の信号機に止まる。赤信号。カー。

早朝の車道には、空いた道をびゅわんと急ぎ足で駆け抜けていく車。

路肩ではタクシードライバー達が缶コーヒーを飲みながら、談笑中。これから出車かな。帰車かな。

駅へ向かう人々、駅とは逆方向へ行く人々。

普段は人通りが多い道も、朝はまばらでなんだか空気も新しいような気がする。深呼吸。

ぼんやりと歩きながら、やはり朝の街はスッピンだなとふと思う。

まだ目覚めていない人々が多い朝の街はまだそのままの姿で

これから動き出す人々によって、街は輝きだすとゆーかうっすらと化粧をされて行く。

街中の店はシャッターを開き、看板を出し、どこからか音楽が流れてくる。

午後を過ぎ、そして夜を迎えると街はネオンが瞬きだし、街はすっかり厚化粧になる。

そして深夜、化粧を終え、少し眠り、また朝にスッピン顔を見せるんじゃないかなあ。

僕は朝のスッピン顔の街を歩く。

朝のスッピン顔写真が撮りたいなあ。




にほんブログ村 写真ブログへ





  管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://stany.blog39.fc2.com/tb.php/911-ad840d8e


Author: 長谷川シン  
フィルムカメラ好き。リンクフリー。
当サイトの画像及び文章は営利目的による無断転載はダメですよ。


リンク構築中