ストライクエニイホエア -Side B-
機械式金属カメラ 
2009.10.08 Thu 21:03


spftri40071470022.jpg



雨が続き、仕事用の作業着が洗えない僕はコインランドリーへ行く。

乾燥機のもわんとした熱気と雨の湿気でじわりとするコインランドリーは嫌いではない。

むしろ楽しい。

子供の頃、洗濯中の洗濯機を眺めているのが好きだった僕は、今でも洗濯機が動いているのを見ると

ついつい眺めてしまうんだ。古いアパートの玄関脇に置いてある洗濯機がガタゴトと動いていると

近寄ってみてしまいたくなるけれど、よそ様の洗濯機だし、洗い物には下着もあるだろうし、

下着泥棒かと不審者扱いされてしまうであろうから近づいたりはしないけど。

僕が小さい頃はまだ全自動洗濯機なんかなくって、二槽式の洗濯機が主流で、

回転式の洗い用の水槽と脱水機の二つに分かれてたんだ。

5分刻みの印がついたつまみをひねるとじじじじじっとゼンマイみたいな音を立て

タイマーが作動し、水洗い槽はごんごんと回り、洗濯物がちゃぷちゃぷと泡にまみれて揺れている。

それをひたすらじいーっと眺め、僕は何かを空想してたんだろうなあ。

洗濯槽を回転させるモーター音と洗濯槽でちゃぷちゃぷと揺れる水の音、

そしてタイマーのじじじじじじーってゼンマイの音。

それがなんとも心地よくって居眠りしそうになるんだ。

やがてトースターが鳴るようなチンって音がして洗濯槽は止まり、

僕はまたシャキッとして洗濯槽の中に手を突っ込んで、水に濡れた洗濯物をずるずると隣の脱水機に放り込む。

ぼとぼとと力なく脱水機の中に横たわる洗濯物を上から眺め、透明プラスチックの蓋をする。

脱水機のタイマーを15分にセットすると洗濯機は大きく唸りだし

そしてチワワみたいにブルブル震えだす。うはー、両の手のひらを洗濯機の角に押し当てると

振動が伝わってきてこそばゆい。わわわわわわわわわと震える声。

時々蓋を開け高速で回る脱水機を止めて洗濯物の位置を変える。

蓋を開けても回転が止まらなかったら洗濯物の位置を変えるどころか

僕の位置までぐるぐる変わってしまうんだろうなあと、

腕がぎゅるぎゅると雑巾絞りのようになってしまうとこを想像してビビる。こえー。

やがてタイマーのつまみはじわじわとゼロに近づき、いよいよビーっとブザーが鳴ると

脱水機はしゅわんしゅわんとゆっくりと回転を弱めていくんだ。

そしてその時こそが一番のドキドキで、脱水機の回転が止まると同時の瞬間に蓋を開けるチャレンジタイム。

この間は開けるのが早過ぎてまだ回転したままだったし、その前は遅過ぎてすっかり止まってしまい、

絞られてくたっとした洗濯物が笑ってるように見えたんだ。

今日こそは開けたとたんにぴたりと止めてしんぜよう。

そんなくだらない事をしてた子供だった僕は、今でもコインランドリーの洗濯機が脱水を始めるとつい洗濯機に触ってしまう。

乾燥機のぐるぐるをぼんやりと眺めているんだ。

雨の日も悪くはない。



写真展の告知はコチラ



にほんブログ村 写真ブログへ

トラックバックURL
http://stany.blog39.fc2.com/tb.php/731-312ab484


Author: 長谷川シン  
フィルムカメラ好き。リンクフリー。
当サイトの画像及び文章は営利目的による無断転載はダメですよ。


リンク構築中