ストライクエニイホエア -Side B-
日直日誌 
2012.06.12 Tue 23:04
a1np1600211203013.jpg



その日の僕は日直当番で、

先週席替えをしてやっと好きな子と席が隣になり、

彼女と一緒の日直当番。

ケーキ入刀みたいな初めての二人の共同作業にワクワクしてた。

頭が良くて、小学生のくせに涼やかで優しい静かな笑顔。

落ち着いたゆっくりした物腰。

日直日誌に彼女が書くキレイな字にホレボレ。

授業と授業の間の休み時間に日直当番は

黒板を黒板消しでキレイに拭く仕事があり、

僕の雑な拭き残しがたっぷりの黒板を、

彼女は黒板消しで丁寧に縦と横に拭き

キレイに仕上げてくれた。

メチャクチャキレイだなーと僕が言うと

彼女ははせがーくんは雑に拭き過ぎだよと

あの笑顔でニコリと笑いながら言うもんだから

僕もニッコリと笑ってしまう。

教壇の黒板の前で、ああ、ちくしょうめ、

なんて素晴らしい日直なのだろうと嬉しくなる。

しかしそれを見ていたクラスのバカ男子は

黒板の右隅に日直当番の僕と彼女の名前が

並んで書いてある所に相合い傘を書き込み、

お前ら夫婦かよ、結婚すんのかよ、

アツアツじゃんかよと囃し立てる。

おとなしい彼女は俯いたまま自分の席に戻ろうとする。

あれ、出てったぞ、離婚かー。

はせがー、ちゃんとシアワセにしてやれよー。

追い打ちをかけるバカ男子。

俯いて席に座る彼女。

図星を突かれた恥ずかしさと悔しさに

僕はつい逆の言葉を発してしまう。

「カンケーねーよ、あんなやつ好きじゃねーし。」

じゃあリコンリコンー。リコンリコンー。

歌うように囃す友達の声がだんだん遠くに聞こえてきて

悔しさと恥ずかしさと違う言葉を発してしまった後悔で

グルグルと気持ちが渦巻いて、

僕は友達に飛びかかってしまう。

どんがらがっしゃんと大騒ぎになり、

気がつくと担任の先生が僕を押さえつけていたんだ。

ケンカの理由を問いただす先生に

僕と取っ組み合いをしたやつはびゃーびゃーと泣き、

鼻水と涙でグチャグチャで言葉にならない。

僕もケンカの理由を話したら悔し涙がこぼれ落ちそうで、

歯を食いしばって黙り込む。

彼女も席に座ったまま、身体を固くして下を向いている。

たったの一言で人は喜び、たったの一言で人は悲しみにくれる。

その日の放課後、黙り込んだ僕に彼女は日直日誌を差し出して

無言で帰り支度をする。

たったの一言が言えなくて大事なものが

スルリと逃げて行くのをわかっているのに僕は黙ったまんま。

ヘナチョコ。

渡された日直日誌を開くと

備考欄の最後にピースマークのニッコリ笑顔が描かれてた。

教室から出て行く彼女の背中に

声をかける事がやっぱり出来なかったヘナチョコの僕は

日直日誌に下手くそだけど

ピースマークのニッコリ笑顔をもう一つ付け足した。
















にほんブログ村 写真ブログへ
2012.06.20 12:45 | URL | arumo | 編集
2012.06.26 00:12 | URL | kou-1 | 編集
2012.06.26 07:19 | URL | しん | 編集
2012.06.28 23:56 | URL | かな | 編集
2012.07.01 08:22 | URL | しん | 編集
2012.07.23 09:11 | URL | jun | 編集
2012.08.02 19:34 | URL | しん | 編集
  管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://stany.blog39.fc2.com/tb.php/1083-0de993c5


Author: 長谷川シン  
フィルムカメラ好き。リンクフリー。
当サイトの画像及び文章は営利目的による無断転載はダメですよ。


リンク構築中