ストライクエニイホエア -Side B-
夏の終わりの窓の向こう。 
2011.09.01 Thu 20:14
ricoh100ilf2273002.jpg


夏休みが終わり、休みボケの僕は授業中にボンヤリと窓の外を眺める。

後ろから二番目の窓際の席が僕の席。

一番後ろに陣どっているタツヤは万引き常習犯で

僕の背中に隠れながらエロマンガをいつも読んでいる。

エロトピア。本屋からギッてきた。

これからこの本は思春期マスカ期男子十数名の手に渡る事になる。

もちろん僕にも回ってくる。タツヤの次。

校舎の三階にある教室の窓の向こう側には

都心の学校らしくとても小さな校庭がある。

窓の近くにはイチョウの木。

校庭の隅にサッカーゴールと朝礼台。

後は何があったっけ?

プールも見えていたような気がするけど見えなかった気もする。

僕がまだ中学二年だったあの頃、二学期の授業のほとんどは窓の向こうばかり眺めていたけれど、

一体何を観ていたのか思い出せない。

ボンヤリと窓の外を眺めていただけで何も観てなかったのかもしれない。思春期。

誰かの姿を追いかけるように観ていたのかもしれない。思春期。

眺めながら何かモノ思いに耽っていたのかもしれない。思春期。

そんな時期からすっかり遠く離れてしまったけれど、

会社の窓の向こうや、電車の窓の向こうを僕は相変わらずボンヤリと眺めている。

ボンヤリと何かを探し求めているのか自分でもよくわからないけれど、

そんな時間もいいもんだよね。黄昏思春期40代。

ううむ、あんまりいいもんじゃないかなあ。











にほんブログ村 写真ブログへ
2011.09.01 20:43 | URL | Mawaru2077 | 編集
2011.09.02 21:53 | URL | Morning+cloud | 編集
2011.09.06 21:21 | URL | しん | 編集
  管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://stany.blog39.fc2.com/tb.php/1019-143432b8


Author: 長谷川シン  
フィルムカメラ好き。リンクフリー。
当サイトの画像及び文章は営利目的による無断転載はダメですよ。


リンク構築中